319: 古今捷録
目次 < >

一巻

清の雪兆果性の編。康熙五年(一六六六)に成る。詳しくは、『仏祖正伝古今捷録』。初祖達摩より南岳下第三十六世、風穴山雲峨行喜(一六一三-七六)に至る四十二祖の列伝を中心に、五家の宗祖の略伝を付し、それぞれに頌を加えたもの。一種の禅宗簡史である。編者は行喜の門弟であろう、巻尾に「汝州風穴延沼禅師塔銘」があり、この山の伝灯を明らかにせんとする編者の意図がうかがわれる。