318: 禅門鍛錬説
目次 < >

一巻

密雲円悟下四世、晦山戒顕の編。永暦十五年(一六六一)に成る。参禅の心得と実践方法を述べたもの。孫武の兵法に譬えて、その鍛錬の要を説き、密雲以下の人々の機鋒の辛辣なるを賞揚する、臨済禅入門書の一つ。堅誓忍苦より謹厳付授に至る十三章に分つ。