317: 伝戒正範
目次 < >

四巻

密雲円悟下四世、華山読体の撰。順治十七年(一六六〇)に、同門の戒顕が序を付して刊行した。詳しくは、『三壇伝戒正範』といい、沙弥、比丘、菩薩の三壇授戒の次第を説いたもの。