304: 物初和尚語録
目次 < >

一巻

大慧下四世、物初大観の語。門人徳溥等の編。初住臨安府法相禅院以下六会の語と、小参、法語、頌古、偈頌などを収める。物初は、別にその詩文を集めた『物初&C0-C1CB;語』八巻あり、また咸淳三年(一二六七)には、『古尊宿語要』二十二巻本の重刊に尽力し、その序を寄せた人として知られる。