299: 人天宝鑑
目次 < >

二巻

大慧宗杲下四世、四明曇秀の編。紹定三年(一二三〇)に成る。禅教律の三学に亘って,学道者の亀鑑とするべき先哲の言行およそ百段を選び録したもの。自序によると、大慧の『正法眼蔵』に倣ったものと言い,資料は広く碑伝,実録,遺録等より集め,各条下に出典を明記している。巻首に蘭庭劉&C0-D9C6;の序、巻尾に万寿師賛、霊隠妙堪の跋がある。編者曇秀の伝は明らかではないが、おそらくは妙堪の書記たりし人。妙堪は無用浄全に嗣ぎ、浄全は大慧二嗣ぐ。「国訳禅宗叢書」の解題に、黄竜慧南の嗣法とするのは同名の別· lである。