298: 金剛般若波羅蜜経五家解
目次 < >

二巻

羅什訳の本文に、唐宋五家の注釈を付したもの。最後の一家は、本書の編者である。明の嘉靖四年(一五二五)、慈悲山深源寺で刊行された。