296: 禅門宝蔵録
目次 < >

三巻

高麗の内願堂真静禅師天&C3-4A52;(真覚国師慧&C0-BFDB;の嗣)の編。至元三十年(一二九三)に成る。中国と朝鮮の古今の禅書中から、特に教外別伝の道理を説いた章句八十五則を選んで、禅宗と教宗の関係を明らかにしたもの。「禅教対弁門」「諸講帰伏門」「君臣崇信門」の三編に分ち、巻尾に蒙庵居士李混の跋を付している。→32禅門撮要