293: 真心直説
目次 < >

一巻

曹渓宗の開創者、高麗の普照国師智訥(一一五八-一二一〇)の撰。熙宗即位元年(一二〇五)に成る。教禅一致の立場から、宗密、延寿の説を承けて、諸宗の教義を総合したもの。一種の仏教概論である。真心正信、真心異名以下十五節に亘り、経論、祖釈、祖録等から要文を引いて、人々本具の心性のあり方と迷妄の根源を解明し、修証の順序次第を示している。現存のものは、巻首に智訥の自序、および成化五年(一四六九)に文定が書いた重刻の序がある。