287: 継灯録
目次 < >

六巻、別に目録一巻

明の永覚元賢の撰。禅宗の史伝の書の一。永暦五年(一六五一)に成る。『五灯会元』および『五灯続略』を継承増補して、南宋末曹洞下十六世天童如浄、臨済下十八世浄慈悟明より、明の成化年間(一四六五-八七)に至る禅宗の伝灯相承を録したもの。元賢には、同系統のものとして別に『補灯録』の著があるという。