285: 永覚和尚広録
目次 < >

三十巻

明末清初、曹洞宗の禅僧、永覚元賢(一五七八-一六五七)の語を集めたもの。五会の語録と、「禅余内外集」「鼓山晩録」「最後語」「洞上古轍」「&C0-ECD8;言」などの著作を収める。『広録』としては嗣法為霖道霈の重編。序跋ともに年時の記載を欠くが、おそらくは為霖の刊行。生前、別に刊行されたものがかなりあり、「鼓山晩録」を「禅学大系」祖録部二、「浄慈語要」を同書付録、「洞上古轍」を「曹洞宗全書」注解五に収めるなど、いずれも別行本によっている。