282: 宗門或問
目次 < >

一巻

湛然円澄の撰。万暦二十三年(一五九五)に成る。「禅宗或問」ともいう。問答形式によって、参禅修行の心得と、三蔵の根本道理を説き、教禅一致の旨を述べたもの。五十二段に分つ。