280: 禅海十珍
目次 < >

一巻

為霖道霈の編。康熙二十六年(一六八七)に成る。初学者のために、古来の禅書中から、言簡にして意深く学道の指針とすべき文章十篇を選び、解説と批評を加えたもの。『七仏偈』『初祖菩提達摩大師入道四行』『三祖僧&C0-C0F6;大師信心銘』『六祖大鑒禅師二種三昧』『永嘉真覚禅師証道歌』『石頭希遷禅師参同契』『鎮州臨済義玄和尚法語』『洞山良价禅師宝鏡三昧』『同安察禅師十玄談』『浮山遠禅師九帯』の十種を収める。