274: 五灯厳統
目次 < >

二十五巻 別に目録二巻

明末、臨済宗の費隠通容と百癡行先の共編。順治(一六五三)に成る。禅宗の史伝の書の一つ。特に、五灯の書の法統を正すべしと主張するもの。すなわち、天皇道悟をもって青原系とする古来の通説を退けて、南岳系の馬祖の嗣となし、薦福承古の雲門嗣法を排してこれを法系外とし、浄柱の『五灯続略』における曹洞下の天童如浄以下の法統説を難じて、嗣承未詳とするなど、独自の説を立てるとともに、別に『五灯厳統解惑篇』一巻を作ってこれを論じている。いわゆる清初僧諍時代の著述の一つであり、現存のものは、わが国の摂州福元寺で、弟子隠元隆&C0 -B561;が重刊の跋を付したもの。