269: 密雲禅師語録
目次 < >

十巻

明末、臨済宗の禅僧、密雲円悟(一五六六-一六四二)の語を集めたもの。嗣法門人道&C0-CC78;の編。順治十七年(一六六〇)に入蔵。『大清三蔵聖教目録』では庶帙に収める。別に「天童密雲禅師悟公塔銘」(銭謙益造)と行状(道&C0-CC78;述)、年譜(同述)があり、この三部のみを縮蔵の騰十一に収める。年譜は円悟入寂の年に編次を終り、弘光元年(一六四五)に重刻したもの。黄檗版はこれらを語録に合せて十三巻とする。