243: 幻住庵清規
目次 < >

一巻

元の中峰明本の撰。延祐四年(一三一七)に成る。従来の咸淳、至大等の大清規が小院修道者の実際に適せざるを改め、みずから一家の規則として制定したもの。幻住は明本の庵号で、この清規は生涯を五山十刹等の官寺の聘に応ぜず、もっぱら庵居を常とした編者の精神によって貫かれ、すべて、日資、月進、年規、世範、営辧、家風、名分、践履、摂養、津送の十門に分って簡略に説き、巻尾に「開甘露門普施食文」を付録し、盂蘭盆施餓鬼会の次第および法文疏等について述べている。一名、「菴事須知」、または「日用須知」ともいう。