221: 入衆日用
目次 < >

一巻

大慧下四世、無量宗寿が編した日用清規。「無量寿禅師日用小清規」ともいう。初心者のために、日々の生活について細部にわたる心得を記す。嘉定己巳(一二〇九)、千亀峰の首座察で撰せられた。『勅修百丈清規』六に「日用規範」の題で収め、わが国では、早くより別に『五味禅』の一つとして重視せられた。「国訳禅宗叢書」二-五に訓注を収めるほか、無著道忠に『無量寿禅師日用規範解』一巻がある。