220: 坐禅儀
目次 < >

一篇

嘉泰壬戌(一二〇二)、『禅苑清規』の重刻に際して、その第八巻に収められた。これに先立って、紹興二十七年(一一五七)に成った陳実の『大蔵一覧集』三に収めるものが、現在最古であり、わが栄西の『興禅護国論』の底本となった。詳しくは、『中世禅家の思想』(「日本思想大系」十六、六五頁)を見よ。