214: 黙照銘
目次 < >

一篇

宏智正覚の作。禅の奥旨を歌った哲学詩。「黙は唯だ至言、照は唯だ普応」といい、言句分別と差別対立を絶した寂黙に徹し、修証不二の打坐を勧めたもの。