170: 黄竜晦堂心和尚語録
目次 < >

一巻

黄竜二世、晦堂祖心(一〇二五-一一〇〇)の語録。『黄竜四家録』の第二。「宝覚祖心禅師語録」ともいう。別に『続開古尊宿語要』一に抄録あり。黄竜山における上堂を中心に、室中垂問代別、挙古、偈頌などを収める。侍者子和の記録、門人仲介の編で、西安徐禧と敷陽王韶が序跋を加えている。後者は元豊元年(一〇七八)の作。