153: 鐔津文集
目次 < >

二十巻

仏日契嵩の詩文集。鐔津は、契嵩の出身地。「輔教篇」以下、「非韓」「古律詩」等を収め、末尾に同時の諸師の題序を付録する。本文十九巻のほか、目録と陳舜兪の「鐔州明教大師行業記」を合せて一巻とする。正蔵の本は、明の洪武甲子(一三八四)の重刻で、当代諸師の後序を付す。別に、明版北蔵に入ったもの(孟軻二函)や、至元の元本、至大本を覆刻した五山版も存する。