125: 雲門広録
目次 < >

三巻

第一は、福州鼓山の円覚宗演の校勘であり、現存最古でもっとも完全な本文。その出版は『臨済録』と同じく、宣和二年(一一二〇)前後であろう。巻首に両浙転運副使公事蘚&C0-E9F7;が熙寧丙辰(一〇七六)に撰した序があり、宗演はこのときすでに版となっていたのを重刊したらしいが、大観二年(一一〇八)に成る『祖庭事苑』一に記す本文の誤りは、ほとんどすべて訂されている。ただし、『祖庭事苑』によると、熙寧本は上下の二巻と、「室中録」とよばれる第三· ??よりなっていたようで、現在のものと異なる。次に、第二の『続開古尊宿語要』本は、嘉熙二年(一二三八)の刊行、『五家語録』の本は明末の再編、雍正の本はさらにこれを承けたもので、ともに右の宗演本によりつつ、かなりの抄録を加えている。なお、雲門文偃の史伝は、本録に収める雷岳撰の「行録」のほか、同じ雷岳撰の「大漢韶州雲門山光泰禅院故匡真大師実性碑」(『唐文拾遺』四十八)と「大漢韶州雲門山大覚禅寺大慈雲匡聖宏明大師碑銘」(『全唐文』八九三)によるべく、慧洪の『禅林僧宝伝』一は、賛寧の『宋高僧伝』に雲門の伝を欠くことに対する批判の意を含む。