106: 南岳&C7-4728;&C3-5A5B;和尚歌
目次 < >

一篇

神秀下三世、明&C3-5A5B;の作。山居修道の心境を歌う。明&C3-5A5B;は南岳に入って出でず、一生草庵の生活を楽しみ、&C7-4728;&C3-5A5B;とよばれた人。『祖堂集』三にも「楽道歌」の名でこの作品を収め、『宋高僧伝』十九、『太平広記』九十六に略伝がある。