081: 僧亡名息心銘
目次 < >

一篇

周の渭浜沙門釈亡名の作。古くは『続高僧伝』七に収められ、敦煌写本(スタイン二一六五、五六九二)は「亡名和尚絶学箴文息心賛」とよんでいる。また、『大唐内典録』五では亡名の著作十二巻を挙げるうちに、「法界宝人銘并序」とよんでいて、題名はかならずしも一定しない。『伝灯録』の編者は、禅の散聖の一人とみたのであり、後代では『緇門警訓』二にも収める。