079: 心王銘
目次 < >

一篇

梁の傅翕の作。「傅大士心王銘」ともいう。心性の根本を詠じた韻文詩で、四言八十六句より成る。心の空なる姿を譬えて、水中の塩味、色裡の膠清といい、また是心是仏、是心作仏という語などは、禅宗の主張とまったく同一味のものとして喜び迎えられた。『善慧大士語録』三にも収める。