041: 澄心論
目次 < >

一巻

約六五〇字の短篇。禅定の方法とその要点を述べる。題名を「証心論」とするものもある。初期禅宗の綱要書の一つ。巻首の一部が『楞伽師資記』の道信の章に、古時知愍禅師の訓語として引かれ、延寿の『宗鏡録』巻百は、「智者大師与陳宣帝書」として首尾の部分を引く。関口真大の『達摩大師の研究』は、これによって天台智&C0-F3AA;の前期時代の作品とし、円仁の『日本国承和五年入唐求法目録』に「天台大師答陳宣帝書」とあるに相当するものと論ずる。佐藤哲英の『天台大師の研究』は、わが吉水蔵に伝える別本を紹介し· ??いる。