326: 黔南会灯録
目次 < >

八巻

清の善一如純の編。康熙四十二年(一七〇三)に成る。明末より清初の時代に、黔南(貴州南部)に伝えられた臨済・曹洞二派の歴史を述べたもの。臨済は密雲円悟の法嗣よりその三世、曹洞は雲門円澄以下四代におよぶ百余名の禅僧の伝を収める。現存のものは、巻尾に『黔南会灯録補続録』を付す。