310: 禅灯世譜
目次 < >

九巻

密雲円悟に嗣いだ木陳道&C0-CC78;(一五九六−一六七四)、およびその弟子呉&C0-CBBE;の共編。崇禎四年(一六三一)に成り、巻首に弟子黄端伯の序がある。『五灯厳統』の説を承け、臨済正宗の立場より、禅の伝灯相承の次第を図譜に表わしたもの。石頭系の天皇道悟のほかに、天王道悟を馬祖下に配して雲門、法眼の源流とし、曹洞宗を林泉従倫にとどめて、編者と同年代の寿昌慧経、雲門円澄を法系未詳とするのは、この書の特色の一つである。