303: 石渓心月禅師語録
目次 < >

三巻

密菴下四世、石渓心月(?−一二五五)の語を集めたもの。初住建康府報恩禅寺以下六会の語録と、秉払、小参、普説、法語、題跋、偈頌などを収める。侍者住顕その他の編。巻首に景定元年(一二六〇)の劉震孫の序あり、末尾に新添の題跋数則と法語、御書伝衣菴記、偃渓広聞の宝祐戊午(一二五八)の跋あり。石渓心月は仏海禅師、または伝衣菴と号した人、『拈八方珠玉集』の最後の作者として知られ、またわが無象静照の師として、五山の禅林に大きい影響をあたえた。別に『伝衣石渓仏海禅師雑録』一巻を伝えるのは、わが 入宋僧がもたらしたものであろう。