295: 禅門拈頌集
目次 < >

三十巻

高麗朝の禅僧、真覚国師慧&C0-BFDB;(一一七八−一二三四)が門人真訓等とともに、『景徳伝灯録』その他の灯史および語録をもととして、大覚世尊以下達摩第二十一世東京天寧寺の長霊守卓の嗣、育王介&C0-BFDB;に及ぶ仏祖の機縁一千一百二十五則を選び、これに対する古来の諸家の拈古、頌古、普説、小参等の語を付したもの。いわば、唐宋時代における禅宗の公案拈頌の集大成で、宋代に編纂された『宗門統要』と同性格の編集であるが、往々にして後者に見られぬ機縁や拈頌を含んでいる。慧&C0 -BFDB;は字を永乙、無衣子と号し、朝鮮曹渓宗の開祖普照国師智訥(一一五八−一二一〇)の法嗣で、はじめ断俗寺に住し、のちに曹渓宗第二代を継いで曹渓山修禅社に入り、晋陽公の帰衣を受けて、朝鮮禅の黄金時代に活躍した第一人者である。特に、本書の完成は、貞祐十四年丙戌で、高宗の十三年(一二二六)に相当するが、巻末には、断俗寺住持万宗の刊記があって、本書の開版が晋陽公一家の協力に成るもので、あたかも江華遷都(高宗の十九年、一二三二)の後に、分司都監で再刻増補したものであることを記している。しかも、本書は初版の開版以後、非 常な流行を来たしたようで、近年に至るまで数次の再刻を見(もっとも後のものとして、崇禎九丙子〈一六三六〉春、全羅道宝城地天山大原寺開版のものありという)、また、種々の注釈書が作られ、覚雲の『拈頌説話』三十巻、麟角寺普覚国師一然の『禅門拈頌事苑』三十巻、宝鑑国師混丘の『重編拈頌事苑』三十巻、編者不明の『禅門拈頌記』三巻、『拈頌私記』一巻などがあり、今日もなお禅門の重要学習書の一つとなっているという。しかしわが国で『禅門拈頌集』が行なわれた記録はきわめて少なく、従来はわずかに京都の建仁 尢シ足院、および山口の瑠璃光寺に蔵せられる古写本二部が知られるのみで、前者は寛永(一六二四−四三)末年、後者は永正十五年(一五一八)の写本である。また、一九六六年に竜山区厚岩一洞四〇七法宝院で、金蓮沢が雪峰鶴夢の懸吐を付して新刊した一本がある。