290: 新続高僧伝四集
目次 < >

六十五巻

民国十二年(一九二三)、昧庵喩謙編、天津北洋印刷局刊。民国五十六年、台北の流瑠経房で覆印。『宋高僧伝』のあとを承け、北宋より民国初年にいたる間の高僧約七百八十八人の伝を収める。この間の仏教史としては、明の如惺が万暦丁巳(一六〇五)に編した『明高僧伝』八巻があるが、その編集不備なるを改め、特に明代以後の補続を意図し、あえて四集の名をとったという。梁の恵皎の『高僧伝』以来の十科の分類より、習禅篇を中心に多数の禅僧伝を含む。