255: 従容録
目次 < >

六巻

南宋末、曹洞の万松行秀が、燕京報恩院の従容庵に在って、宏智正覚の「頌古百則」を提唱し、円悟の『碧巌録』にならって、示衆と著語、および評唱を加えたもの。侍者離知等の編集。詳しくは、「万松老人評唱天童覚和尚頌古従容庵録」といい、宋代における『四家評唱録』の一に数える。巻首に、行秀が嘉定十六年(一二二三)に湛然居士に与えた書、および湛然居士がその翌年に撰した序があり、この書の成立が、居士の勧めに由来し、彼が西域の阿里馬城にいたときに与えられたことを記してい 驕B現存のものは、明の万暦三十五年(一六〇七)に、華亭の徐琳が『四家評唱録』の一として重刻したもの。『碧巌録』が宗門第一の書と言われて、わが国では主に臨済下で重んぜられるのに対して、曹洞衆で重んぜられる。