238: 江湖風月集
目次 < >

二巻

南宋の松坡宗憩(無準師範の嗣)の編とされる、宋末禅僧の詩偈選集。現在流布する『新編江湖風月集略注』は、およそ七十二家二百六十一首を収め、わが東陽英朝の注を付す。題名の江湖は諸万の叢林をいい、編参と開悟の心境を自然風月に託して歌う作品の意である。至元二十五年(一二八八)に、千峰如&C0-DA7B;が跋を付し、わが嘉暦三年(一三二八)に、清拙正澄が開版しており、五山より江戸時代を通じて、義堂周信の『貞和類聚祖苑聯芳集』などと並んで、作詩の典型とされた。ただし、編者については問題があり、別に『江湖風月全集』と呼ぶものが ある。