219: 禅苑清規
目次 < >

十巻

雲門下七世、慈覚大師宗&C0-F0F3;の編。元符年間(一〇九八−一一〇〇)に編集を始め、崇寧二年(一一〇三)に成り、「崇寧清規」とも呼ばれる。禅宗の清規の書としては、現存最古であり、百丈の古清規に則りながら、時代の推移に随い、広く諸方の叢林の現状に則して、新しく禅院の行事、制度等について述べ、受戒、上堂、監院、知客、化主等七十七項に分って説く。なかんずく、巻八の「坐禅儀」と「亀鏡文」は、のちの清規書に継承され、日本では別行して、『五味禅』『四部録』などにも収められる。ただし、現在通行 フ『禅苑清規』は、嘉泰壬戌(一二〇二)の重刊であり、高麗に伝えられた古版に比べて、かなり増広の部分がある。鏡島元隆、佐藤達玄、小坂機融共編の『訳註禅苑清規』(昭和四十七年、曹洞宗宗務庁刊)を参照せよ。