218: 曹洞五位顕訣
目次 < >

三巻

曹洞宗の綱要書の一つ。開祖洞山良价が作った五位の頌に、曹山本寂が揀を加えたものを、門人の慧霞と広輝が編集し、中統元年(一二六〇)に到って、朝鮮の晦然が増補改訂し、さらに五位に関する歴代の文章を加えて一書としたもの。現在のものは、その後さらにわが国で改修せられたらしい。宇井伯寿の『第三禅宗史研究』に収める「洞山の五位顕訣と曹山の揀」参照。