199: 大光明蔵
目次 < >

三巻

大慧宗杲についだ橘洲少曇の編。『伝灯録』より仏祖の機縁を抄出し、さらに径山大慧に至る法系を増補した禅宗史。一人ごとに編者の評語を付す。巻首に沖虚道人史弥遠が撰した嘉定丙子(一二一六)の序があり、宝祐乙卯(一二五五)の石谿心月、無門慧開の賛偈、および咸淳元年(一二六五)の四明紹明の序を付す。末尾にも、淳祐辛丑(一二四一)の天目文礼、および咸淳元年の趙孟&C0-CE5E;の跋がある。