168: 黄竜語録
目次 < >

二巻

黄竜宗の初祖、慧南(一〇〇二−六九)の語録。『黄竜四家録』のものが最も古く、これに漏れた語を宋代の史伝や諸家の語録より集めたのが「続補」であり、わが建仁寺両足院の高峰東&C0-D5AC;(一七三六−一八〇一)の編である。第三のものは第一の抄録。慧南の史伝については、『続灯録』七、『禅林僧宝伝』二十二、『普灯録』三などによるべく、その三世に当る洪覚範の『石門文字禅』にも資料がある。< /P>