135: 万善同帰集
目次 < >

三巻

永明延寿の撰。禅教一致の立場から書かれた一種の仏教概論。仏法修行の道は各宗各様であるが、畢竟は一心を離れず、衆善は実相に終帰すると言い、『華厳経』『起信論』等によって、性起と円具の説を展開しつつ、頓悟漸習の次第法門を設けて、大菩提心としての万善万行を包容し、百十四条の問答によって、巧みに諸宗の教義を体系化する。現在のものは、熙寧五年(一〇七二)に書かれた沈振の序があり、巻尾に宣徳四年(一四二九)の子徳儀の重刊の跋、および成化十四年(一四七八)如&C0-CEAF;の跋を載せ、さらに「永明寿禅師垂誡」一篇を付録してい る。