130: 五台山鎮国大師澄観答皇太子問心要
目次 < >

一巻

華厳宗第四祖、清涼澄観(七三八−八三八)が皇太子時代の順宗の問いに答えて、禅要を説いたもの。宗密が注を加えた『華厳心要法門註』一巻がある(続蔵二−八)。澄観は華厳のみならず、天台と密教を合せ、律と南北二宗の禅および牛頭禅をうけたといわれる。