098: 馬祖語録
目次 < >

一巻

右のほか、『祖堂集』十四、『伝灯録』六、二十八、『宗鏡録』一、十四、四十九、九十二、九十七、『天聖広灯録』七、『正法眼蔵』一之下などが参考となる。『第二禅宗史研究』にもテキストを収める。馬祖道一の法系は次のごとし。

曹渓慧能−南岳懐譲−馬祖道一−百丈懐海,大珠慧海,南泉普願,居士&C0-C365;蘊