082: 安心法門
目次 < >

一巻

『宗鏡録』九十七、『注心賦』二に「達摩大師安心法門」として引くのにより、『聯灯会要』三十、『正法眼蔵』二之上に収め、元末に妙叶が編した『頓悟要門』にも付録する。近時、敦煌本『二入四行論』の発見によって、初期禅宗の思想を伝える資料の一つであることが知られた。詳しくは、本書所収の『達摩二入四行論』を見よ。