061: 禅門経
目次 < >

一巻

経典の形をとる初期禅宗綱要書の一つ。別に「禅要経」ともいう。巻首に慧光の序がある。慧光は、嵩山の大照禅師に参じた人。七二〇年頃、百山寺の経蔵でこの経を発見し、その趣旨に同感して写経をつくり各地に贈ったという。この経のことは、智昇の『開元釈教録』十八に見えるから、その成立はおよそ八世紀初頭の頃とおもわれる。古くより大珠慧海の『頓悟要門』をはじめ、『歴代法宝記』『諸経要抄』『悟性論』『宗鏡録』などに引 ゥれていて、唐代にはかなり流行したらしい。