059: 南陽和上南宗定是非五更転
目次 < >

荷沢神会が、開元二十年に北宗の崇遠に宗論を挑み、その対論を記した『菩提達摩南宗定是非論』の要旨を歌曲にまとめたもの。ただし、神会その人の作かどうかには問題がある。「南宗五更転」とも名づける。テキストは、胡適の『神会和尚遺集』(民国五十七年)に付録される。別に任二北の『敦煌曲校録』(一九五五、上海文芸聯合出版社)および宗饒頤と Paul Demieville の『敦煌曲』(AIRS DE TOUEN-HOUANG −editions du Centre National de la Recherche Scientifique. 1971)にも収める。