038: 無心論
目次 < >

一巻

首題の下に釈菩提達摩製とあり、問答形式で至理無言の内容を談論する。鈴木大拙の『無心といふこと』は、この書によって般若思想の中国的展開をあとづけようとし、関口真大は、この書の思想と様式が『絶観論』に類似することから、牛頭法融の作であろうと主張する(『達摩大師の研究』八二頁)。