018: 古尊宿語録
目次 < >

四十八巻

明の永楽初年(一四〇三)に南京で開版された大蔵経の一部として新たに編せられたもの。先にいう杭州版『古尊宿語録』二十二冊を母体として物初大観の総序をそのまま踏襲するが、『臨済録』のテキストに変動があるほか、さらに次の九家の語が新たに加わる。

○ 南岳大慧禅師、馬祖大寂禅師、百丈懐海禅師広録、&C0-B861;州黄檗断際禅師語録、興化禅師語録、風穴禅師語録、汾陽昭禅師語、慈明禅師語録、仏照禅師奏対録