016: 仏祖三経
目次 < >

一巻

北宋時代に、次の三種を合せて一書としたもので、&GJFE4A;郊鳳山蘭若嗣祖沙門守遂(一〇七二−一一四七)が注を加えている。守遂は洞山九世に当り、投子義青の孫。大洪報恩の法嗣である。また、現存の本には絶牧叟徳異が至元丙戌(一二八六)に書いた総序がある。徳異は別に『六祖壇経』を改編して、その序を加えた人として知られる。

○ 仏説四十二章経

○ 仏遺教経

○ &C0-D9EC;山警策

守遂の後も、各時代を通じて多くの注疏が作られた。わが無著道忠の『仏祖三経把燭』十巻は、それらのうちですぐれたものの一つである。